綾瀬はるかの国籍は韓国&中国説について本名から読み解く~兄は実家で農業してる

この記事は約6分で読めます。

綾瀬はるかさんの本名は、現在、非公開となっていますが、ネットで調べればすぐにわかります。

それは非常に珍しい名前で、蓼丸 綾(たでまる あや)と言います。

 

スポンサーリンク

綾瀬はるかの本名は蓼丸綾(たでまるあや)

蓼丸という姓は広島県に僅かにある姓で、全国でも10名くらいしかいない大変珍しい姓なのです。

綾瀬はるかさんは出身は広島県ですので、蓼丸という姓は納得と言ったところです。

初め、綾瀬はるかさんが芸能活動をしていた頃は、蓼丸綾として活動していました。しかし、蓼丸という姓が難しかったために芸名をインターネット上で募集することになったのです。

そして、本名の名の綾に瀬をつけて「綾瀬」を姓に、そして、綾瀬はるかさんの友達の名前だった「はるか」を名にして「綾瀬はるか」という芸名に決まったのです。

 

綾瀬はるかの本名が珍しいので実家国籍って韓国や中国なの?

綾瀬はるかさんは、本名が蓼丸綾と言うことですが、蓼丸という姓はほとんどの人は聞いたことがないですよね?

そのため、綾瀬はるかさんの国籍は韓国や中国ではないかと噂されています。

前述したように、蓼丸姓は広島県に僅かに存在する姓で、綾瀬はるかさんの国籍は日本です

実家が広島というのは、綾瀬はるかも何度もテレビで言っていましたよね!

ただ、蓼丸という苗字から韓国籍なのでは?という噂が立ったようです。

ですが、この噂は違ったようです!

蓼というのは、お刺身の付け合わせによくある赤い植物のことを指すようです!

この蓼の名産地が広島で、他にも蓼尾さんや蓼さんなど「蓼」がつく苗字の人が広島にはいるそうです。

蓼丸は珍しい苗字ではあり10人程度しかいないようですが、広島のご当地苗字のようなので、綾瀬はるかの国籍は日本、実家は広島で間違いないです!

綾瀬はるかの国籍は日本で、その両親ももちろん日本国籍です。

本人と一緒で、苗字は「蓼丸」ということで父親と母親の国籍も韓国や中国では?と噂になったようでした。

ですが、先ほどの通りに「蓼丸」という広島のご当地の苗字なので両親も日本国籍ですよ!

丸という字は農家野方に多いようで、綾瀬はるかの実家は有名な野菜農家だそうです!

父親は、蓼丸良孝さんという名前だそうです。

優しくも、口答えするとビンタをする厳しい父親だそうです。

母親は、名前など分かりませんでしたが目元が綾瀬はるかに似ている美人な母親のようです。

また、口癖が「今日も一日頑張ろう!働かせてもらってありがとうございます」という、とても素敵な母親のようですw

綾瀬はるかの性格の良さは両親から来ているんですね!

綾瀬はるかさんは「天然」と言われていますが、もしかすると綾瀬はるかさんはこんなに素敵な家庭環境で育ったために、いい意味で考え方が世間一般と少しずれが生じてしまっているのかもしれません。

 

 

綾瀬はるかの珍しい本名に兄の存在!

綾瀬はるかさんの本名は、大変珍しく、前述したと通り蓼丸綾と言います。

この蓼丸という姓はというと、

苗字ランキングでは約8万7千位とのこと。

日本には10万くらいの苗字があると言われてるのでどれだけ少ないかわかりますね!

なのです。

綾瀬はるかさんは、これも前述した通り、芸能活動の最初、本名の蓼丸綾で活動していたのですが、蓼丸という姓は流石に難しかったらしく、芸名をインターネット上で募集し、綾瀬はるかになりました。

 

そんな綾瀬はるかさんには1歳年上のお兄さんがいます

綾瀬さんの実家の住所は広島県広島市安佐南区で野菜農家を営んでいます!!

安佐南区というのは4年前に大規模な土砂崩れが起きた場所で

安佐北区に隣接しており山に囲まれた地形をしています。

高度経済成長期に人口が急激に増えていったため住宅地として開発が進み発展してきました。

この中のおそらく山沿いで野菜を育てているんでしょう。

 

農家は綾瀬さんのおじいさんの代から始めており、現在はさっき書いたお兄さんが3代目として継いでいらっしゃるそうですよ!

綾瀬さんが作業着で果物や野菜を収穫している姿が容易に想像できます(笑)

農林水産業のCMとか出たらめちゃくちゃ似合うはず。

それこそ、地元の特産品であるカキのCMとか良いと思います!!

今まで以上に注文が殺到するでしょうねwww。

綾瀬はるかさんのお兄さんは実家の農業を継いでいるのですね。

実家が農家だと収穫時期になると美味しい作物が送られてきて綾瀬はるかさんは、それを美味しくいただいているのでしょう。

 

綾瀬はるかの腹芸画像!?

ドラマ「義母と娘のブルース」で綾瀬はるかさんが何と” 腹芸“を披露し大反響を巻き起こしています

女優の綾瀬はるかが主演を務めるドラマ『義母と娘のブルース』(TBS系/毎週火曜22時)の第1話が放送。

劇中で主人公を演じる綾瀬が見せた渾(こん)身の“腹芸”に、ネット上では

  • 「爆笑」
  • 「引くレベルで凄すぎる」
  • 「意表を突かれて泣けました」

などの大反響が巻き起こった。

こちらが、問題の綾瀬はるかさんの腹芸の画像です。

数年前に母親を亡くし、父親の良一(竹野内豊)と二人で生きてきた宮本みゆき(横溝菜帆)の前に現れたのは、彼女の新しい母になる岩木亜希子(綾瀬)と名乗る女性だった。

業界トップシェアの金属会社・光友金属の営業部長を務める彼女はみゆきに名刺を差し出し、「私、このような者にございます」と挨拶するが、みゆきは「私、この人嫌い」と一蹴。亜希子は、児童心理学の書籍を読みあさり、みゆきを知る人間に片っ端からリサーチ。

亜希子は、会社の後輩・田口朝正(浅利陽介)をも巻き込み、とっておきの作戦を立てる…。

綾瀬演じる亜希子は“戦国部長”の異名を持つバリバリのキャリアウーマンという設定。

ドラマ冒頭で、みゆきと初対面し名刺を渡すシーンではSNSに

  • 「おじぎの角度素晴らしい(笑)」
  • 「子供に名刺wこれはなかなか凄そうなキャラだなw」

などの声が投稿された。

初手で逃したみゆきの心をつかむために、さまざまな策を巡らせる亜希子。

ドラマの中盤では、後輩の田口に頼み、自身のお腹に絵を描かせることに。

二人きりのオフィスで、仰向けになってお腹を露出する亜希子に、緊張しながらまたがる田口。

このシーンに視聴者からは

  • 「とんでもない絵面」
  • 「この体制はwwwww良いのかなwwwww」

などの反応が寄せられた。

第1話は、亜希子のひたむきさにみゆきの心が次第に開かれていくという展開。

クライマックスでは、児童館で良一の迎えを待つみゆきの元を、亜希子が訪れる。

みゆきが自分を受け入れてくれたことへの感謝の意を表すために、亜希子は児童館の入り口で上着を手繰りあげ、田口に描かせたアヒルの絵をご開陳。

ほかの児童や職員が見守る中、亜希子はみゆきに向かって真顔で

「あ~きこ~のは~らげ~いご覧あれ~」

と言いながら体をクネクネ。

感動的な展開と“ガチの腹芸”のギャップに視聴者からは

  • 「爆笑」
  • 「引くレベルで凄すぎるw」
  • 「意表を突かれて泣けました」

などのツイートが殺到。

さらに

  • 「ナチュラルに空回り」
  • 「そりゃ娘怒るわな」

など、みゆきに同情する意見もネット上に投稿されていた。

何でも真剣勝負の綾瀬はるかさんらしいといえばそれまでですが、綾瀬はるかさんの”腹芸”のシーンは、度肝を抜かれた視聴者がなんと多かったことでしょう。

綾瀬はるかさんと腹芸のギャップが凄すぎて、ただただ、感心するばかりです